カレーリーフパウダー モイストタイプ

油で火を通したカレーリーフをベースにしたしっとりとしたカレーリーフパウダーです

Print Recipe
カレーリーフパウダー モイストタイプ
下準備 10
調理 15
所用時間 25
分量
大さじ
材料
下準備 10
調理 15
所用時間 25
分量
大さじ
材料
作り方
  1. カレーリーフ以外のスパイス類は左から、ウラド豆、クミンシード、マスタードシード、黒胡椒、赤唐辛子
  2. 鍋で油を熱する 強火にしないように注意して赤唐辛子を加える 
  3. 赤唐辛子の色が変わってきたら、マスタードシードを入れ、パチパチと弾けてきたら、クミンシード、ウラド豆の順に入れて手早くかき混ぜる
  4. ウラド豆が色づいてきたら、カレーリーフを加えて鍋底から返しながらゆっくりと混ぜてゆく  カレーリーフを加えたときにバチバチ音がして油がはねるので注意 鍋底にスパイスと豆が溜まるので、混ぜてゆかないとスパイスと豆が焦げてしまう
  5. カレーリーフに透明感が出てきたら火を止めて余熱でカレーリーフに火を通す 葉がパリッとしてきたら火が通っているサイン
  6. 粗熱が取れたらミルやミキサー・石臼すり鉢などで挽く (油分があるため、ミル容器やすり鉢のくぼんだところにくっつきやすい)
レシピのメモ

ドライタイプのパウダーに対して倍量にしている理由は、油を使っているのでパウダーがくっつきやすく、全体に嵩が少なくなりすぎて、ミルやミキサーが空回りして挽きにくいためです。

ドライに比べて、出来上がりの色は黒に近い緑です。

インドでは、このレシピ材料に加えて、フェンネルシードで香りに変化をつけたものや、タマリンドを加えて酸味をだしたり、豆の比率を多くして香ばしいふりかけにしたものまであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

そろそろ剪定しましょう

次の記事

カレーリーフ苗の増し土