若いカレーリーフの剪定で時々発生すること

本来、剪定をするとその下にある複数の節(枝の付け根)から新芽が伸びてきます。 でも…

種から芽が出て育った実生(みしょう)苗で種まきから1-2年経過した苗のうち、地際から25cmくらい育ったときに分枝を目的とした剪定をしても、一番先にある芽がひとつだけ伸び続けることがあります。 頂芽優勢の現われなのかもしれません。 仕方がないので、これはこのまましばらく放置しておきます。 そして、冬が来る直前から春が来る前にもう一度剪定をします。我が家のカレーリーフも種まきから1年くらい経過した株を20cmくらいのところで剪定しましたが、先端の芽がひとつ伸びてゆきました。

まもなく7月になりますが、近々剪定をして脇芽を促進しようと思います。 

カレーリーフはふんだんに使いたいですよね。そのためにも株が大きくなる過程で枝分かれを多くしておくと収量のアップにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA